葉酸にはそもそもどんな効果がある?

葉酸と聞くとおそらく女性なら「妊娠したら飲むサプリメント」という風に思う人が多いでしょう。

 

実は葉酸は妊娠中だけにとどまらず、妊娠したいと思う人にとっても必要な栄養素です。

 

そして何も葉酸は妊娠に関する特別な時だけに必要なわけではなく、私たちの日常生活で摂取することで、体調を整え健康のためにもなるため積極的に摂取したい栄養素です。

 

また産後の授乳期にも葉酸は活躍してくれます。

 

葉酸にはどんな効果がある?

葉酸の主な効果をあげると

  • 貧血防止
  • 胎児の健康な成長を助ける
  • 心臓病。動脈硬化の予防
  • 肺がんの予防

などです。

こんなに多くの良い効果をもたらしてくれる葉酸はやはり日頃から摂取したいですね。

 

では具体的にどんな風にこれらの働きをもたらしてくれるのかみていきましょう。

 

貧血防止

 

葉酸には赤血球が巨大になる悪性貧血を予防する働きがあります。

 

悪性貧血の場合、原因は葉酸とビタミンB12が不足した時に起こるといわれています。

 

鉄分をしっかり取っていても貧血になる場合には赤血球の状態を考えなければなりません。

 

胎児の健康な成長を助ける

 

遺伝子の情報を持つDNAは、異常をきたすとガンや奇形児などになると言われています。

 

DNAの正しい配列がおかしくなると細胞が正常に再生されなくなります。

 

葉酸はDNAの成分となる「核酸」が創られる時に働きます。

 

そのため体を作っている胎児にとって葉酸は不可欠な栄養素になります。

 

動脈硬化の予防

 

ホモシステインというアミノ酸が血中に増えると、心臓病や動脈硬化になるといわれています。

 

心臓病の場合には葉酸はビタミンB12と一緒に、このホモシステインを別のアミノ酸に変え

 

心臓病になるリスクを減らす働きをしてくれます。

 

動脈硬化に関しても同じように、ホモシステインを他のアミノ酸に変えて動脈硬化になることを抑えてくれます。

 

肺がんの予防

 

葉酸とビタミンB12を多く摂取することで肺がんになる確率が下がるという報告がされています。

 

どちらも水溶性ビタミンのため、大量に摂取しても過剰症もないため不安要素の少ない栄養素です。

 

葉酸は植物性食品から摂れることが多く、ビタミンB12は動物性食品に多いことからも

 

バランスの良い食事を摂ることから両方を摂取できるといえます。

 

また葉酸は同じビタミンB群と協力し合っての働きが多く、健康に欠かせない栄養素といえます。